読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

フィリピン留学~今~昔~ 電子書籍「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン語学留学」感想

友人であり恩師でもある柴田浩幸@HAL_J氏が本を出した。タイトルは驚くほど普通だけど、内容はかなりエッジがきいてて良い感じだ。

 

amzn.to

 

フィリピン語学学校経営者による、あまり声には出せない暗い内部事情も書かれた史上初の本だと思う。フィリピン留学をするつもりのない人でも得られるものがあるいい本だ。現在キャンペーン中で無料プレゼントを行っているみたいだから、興味がある人には絶好のチャンスだろう→「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン語学留学」無料プレゼント

 

 

フィリピン留学~今~昔~

僕がフィリピン留学をしたのは5年位前の話だ。あの時はオンライン英会話も一般的にはほぼ無名で、ましてフィリピン留学なんかしている人はかなりの変人だけだった。

 

それが時代が変わってフィリピン留学はそこそこ認知度が上がり、普通の人の会話にも出るようになった。"英語"の需要はすざまじい。まるでいつまでたっても値上がりを続ける銀座の一等地のようである。

 

このように価値が上がり続け、そのうち「英語が"できること"が"プラス"にではなく、英語が"できないこと"が"マイナス"に働く」とも言われている英語だけど、実は習得率は驚くほど低い。

 

本書では「日本人で英語を独学でものにできるのは10人に1名もいない」と書いているけども、僕自身の体感でも大体そんな感じだ(学生時代に英語学習者と複数交流があったけど、喋れるようになったのは100人中4,5人もいなかった気がする)

 

英語学習はそもそも何をやればいいのかが非常にわかりにくいのが問題だ。サウスピークでは現在、成功事例を多数持つ、指導経験豊富な柴田氏に英語学習のロードマップを構築してもらえるようだ。こんな環境は少なくとも5年前には存在していなかった。今の日本は、世界でも有数の英語学習の高速道路が整備されている国かもしれない。

 

本書の特徴

さて本の内容に戻ろう。本書を読めばわかるけど、柴田氏は自身の提供するサービスについて非常に誠実だ。本の途中にこのような記述がある(一部改変あり)

 

本書に以下の偏りがあることを踏まえた上でお読みいただければと思います。


1. 英語教育に真面目に取り組んでいない語学学校・留学エージェントに否定的である。


2. 自身が英語学習アドバイザーを努める「語学学校サウスピーク」に対して肯定的である。


3. フィリピン留学をする人たちに、「楽しかった」「充実していた」といった成果が曖昧な経験ではなく、TOEIC試験の点数向上や語学学校卒業後によい未来を勝ち取れるなど明確な成果を残してほしいと考えている。

 

特に最後の3番目についての記述が非常に目立つのが他の書籍との差異だろう。本書は徹底的にTOEICの点数など、生徒の客観的な英語能力の向上にこだわっているのが特徴だ。

 

殆どの人がそうだと思うけど、フィリピン留学は一生に1回の、その人にとって人生における大きなイベントの一つだ。特に会社を辞めて英会話能力を身につけて、人生をステップアップさせる事が目的の人なんかは”ただ楽しいだけの留学”なんて死んでもごめんだろう。

 

本書は多数の留学失敗事例を随所に散りばめつつ(留学前後でTOEICの点数が変わらないと、企業から"数ヶ月間海外で遊んでただけ"とみなされてマイナスイメージを持たれるという記述には心底震えた)、徹底的に”客観的な英語能力向上や語学学校卒業後の就活の成功等”について、これでもかという位に論理を詰めに詰めまくっている。

 

ありがたい事に、今の日本は英語が出来るだけで就活でかなりいい思いができる。何も取り柄がない人は、これを読んで英語を武器にして、人生を変えらえるかもしれない。そんな可能性を感じ取れるよい本だ。

 

その他の面白かった記述について

その他にも下記のような面白い情報が多数ある。

EX

フィリピン語学学校の食事事情について(韓国系は毎日キムチ味ばっか等)

 

留学体験記の分析(充実した留学をした生徒は、その人自身が優秀だっただけで、学校がよかったわけではないかもしれないという分析は面白かった)

 

違法な語学学校が存在している事(無認可語学学校というフィリピン留学最大のタブーで、ここにいると生徒も逮捕される事があるらしい)

 

フィリピンにおいて語学学校・オンライン英会話で働いている人に優秀な人が殆どいないという事実(この業界は給与があまり良くないらしい。離職率は1年で6割にも及ぶのだとか)

 

最後に

褒めてばっかなのも癪なので、柴田氏が帰国後に言い放った衝撃の一言でこの文章を〆ます。

 

「回転寿司のサーモンが旨すぎて、これ食べてるだけで幸せになれる・・・」