読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

成長が終わった国家、日本の平均年収が300万という現実について

平均年収300万といわれている現代。ほんとこれはギリギリ人間を踏みとどまれる最高のラインで実にうまくできていると思う。

 

年収300万というと、一か月あたりの手取りはだいたい15万程度だ。家も車も買わず、子供も持たずにいれば、まあ生きる事は可能ではある。

 

家賃に10万。光熱費水道ガス代ネットが月に2万ぐらいかかるとして、自炊で一食250円×20日≒5000円。その他で酒を飲むなり外食を楽しむなり漫画を買うなりして、月のお小遣いに2万円ぐらいは使うとしようか。

 

この時点での累計金額は145000円。残り5000円しかないので貯金はあんまりできないけど、まあ生活できない事はない。

 

国が成長していた頃は、全体的に余裕があったからいいものの、ある程度成熟して人に余裕が生まれなくなった現代日本の平均年収が300万ってのは、ほんとうまくでき過ぎてて笑いが起きるレベルである。

 

平均年収が300万ってのは、結局のところ成長していた頃はパイが大きかったからよかったけど、成熟したらギリギリ生きれるレベルで収入が平均化せざるをえなかったというだけの話なのだ。

 

こういう現実に直面した国民が、どういう生き残り戦略を選択するのかについては非常に興味がつきないところではある。日本は今まで成長する事しかしらなかったけど、今後は成長する場所がないとすると、三丁目の夕日の頃とは違って夢も希望もあったもんじゃない。

 

どんなに貧しくても、追いつく先があった頃はよかった。脱亜入欧を叫んで清貧を良しとした頃の日本には夢があった。

 

それがどうだろう。もう現代日本には成長という二文字が期待できる場所がほとんど残されていない。グローバル化は富める者をますます金持ちにし、貧しいものを全世界でほぼ共通して同一労働同一賃金へと押しやった。

 

どうにかしたいとは思うものの、この残酷な現実を前に私達は何をするべきなんだろうという事についての解決策は正直全く思い浮かばない。能力がある個人が金を稼ぐ方法はある程度思い浮かぶけど、能力がない人間にも余裕ある生活を提供できるような現実が、まったく思い浮かばない。

 

ほんとどうすればいいんだろうね・・・

 

<続き>

takasuka-toki.hatenablog.com