読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

この漫画が凄すぎて僕の目から汗が出る2016~響~小説家になる方法

日々徒然 オススメ本

久々にあまりにも凄すぎる作品に出会って放心状態なので勢いにまかせて筆を綴ることにする。

 

 

響~小説家になる方法、このタイトルからあなたは何を想像するだろうか。まあなんかつまらんハウツーものだったり、表紙の女の子の地味めな感じからクソつまらない文学話でも展開されるんじゃないかというのが関の山だろう。

 

断言しよう。あなたのそのイメージは読後180度コペルニクスを圧倒的に突き放して展開する。この作品は圧倒的であり、バイオレンスであり、背筋がゾクゾクする。

 

あなたは作家というとどういうタイプの人間を想像するだろうか?想像力豊かだったり、根暗で文学が好きだったり。そういう文学少年やら文学少女チックな何かを期待してしまうんじゃないだろうか。

 

本書はそういう作家に対する印象をバズーカ砲のような激烈なドライブ展開でぶち壊してくる。そもそもモノを書くという行為は物凄くエゴイスティックな行いだ。自分の考えた妄想話を本にして読めという行為はこれ以上なく利己的な方法であり、またそういう利己的な存在を使って成り立っている編集者という存在もまた、これ以上無くエゴイスティックな存在だ。

 

だけどそういう姿は本にはあまりうまく現れてこない。当たり前だけど、そういう押し付けがましい他人のエゴから正面切って付き合うほど、僕たちは聖人君子ではないからだ。

 

本書に登場する才能ある人物は、全員いい意味で狂っている。素直すぎる主人公を筆頭に、本書に登場する人物で”才能ある人”はほぼイコールで”何かが欠落している人”であり、”普通の人”はほぼイコールで”何も持たない人”である。

 

こう書くと”普通の人”は残念な存在にみえるかもしれない。だけどそう簡単じゃないというのが痛いほどに本書を読み進めるとよくわかる。

 

本書にはいたるところで”特別な存在にほんの少しだけなれた”人達が出てくる。彼・彼女らは良くも悪くも普通の人だ。だからどこかで自分の欠落(≒才能)を自分のやましい何かとして受け入れてしまっている。

 

このようような人間は、作者が描くこの作品上では普通の存在から逸脱できない。欠落を、欠落ではなくギフトであると受け入れられなければ、自分のエゴを他人に読ませるという極めて破廉恥な行為を行う存在である”純文学の作り手である”というサガを乗り越えられないというのが、作者の提唱している純文学作家の定義である。

 

この作品上で純文学の定義とは?という問いがあるのだけど、それについて主人公である響は回答として太宰治芥川龍之介村上春樹、といった作家の名前だけをあげている。だけど響が”つまらない”という風に人の作品を攻撃している時、響がケチョンケチョンにけなす作品はすべからず全て、自分のエゴを隠した作品に与えられている(逆にエゴをちゃんと出している作品は稚拙であれ、キチンと褒めている)このことから逆説的に、響の純文学の定義がよくわかり、また作者が最近の純文学がどうして面白く無いのかという事についての回答にもつながっている。

 

僕たちは所詮、弱い存在だから、響のように”自分のエゴを全面に主張して生きる”事ができない。だけどこの作品において、響はそれを最高に痛快にロックな形で僕達に”正しい事”だと主張し続ける。それが読者に本当に痛快な何かを与えてくれる。これが、本当に読んでいて気持ちいい。

 

まあ御託はいいからさっさと一巻を買って読むんだ。今ならまだ4巻までしか出てないから、すぐに追いつけるから。そして僕と一緒に、スペリオールの最新話を心待ちにまとうではないか。ほんとこんなに凄い作品を連載中に読める機会なんて、そうそうないですよ。

シンゴジラが大ヒットしたのはコミュ障にやさしい映画だからかもしれない

日々徒然

いまさらながらシンゴジラを見てきた。実に細部までねりこまれたストーリー構造を呈しており、この緻密さ、さすがは庵野監督と思わされる作品であった。

 

ただ個人的にはこの作品が一般的に受け入れられているという事が非常に不可解だというのもまた事実である。題材はゴジラだし、内容はどちらかというとちょっとマニアックであり、庵野というビッグネームがあるにしたって、ここまで大騒ぎされるというのはちょっと予想外にも程がある。

 

映画をみてから数日間、なんでこの作品が物凄く多くの人の心に響いたのかを考えてみたのだけど、この映画がコミュ障に優しいという事に気がついてから、一気に納得がいくようになった。以下、日本の行政における意思決定の仕組みについて簡単に書きつつ、シンゴジラの妙味について書いていこうと思う(以下ネタバレというようなものではないけど、シンゴジラをまだみてない人は避けたほうが無難なのかもしれないという忠告だけは一応しておく)

 

日本行政の意思決定構造がメインだという異色の特撮映画

この映画がそれまでのゴジラと比較して特異的なのは、圧倒的に巨大な存在であるゴジラ・蹂躙される民衆・ゴジラをやっつける正義のヒーロー、といった普通の怪獣映画にありがちな三層構造を呈していない部分にある。

 

映画を見た人はわかると思うけど、この映画は蹂躙される民衆についての描写が凄く希薄だ。まあ書いてるといえば書いてるのだけど、作品の殆どはゴジラが街をぶっ壊す映像と、行政機関がゴジラをブチのめすために行う膨大な意思決定の過程の2つを非常に重要視して撮影されている。

 

普通の特撮映画の醍醐味が巨大な存在が街を蹂躙するという圧倒的絶望感を、模型を使ったりCGを使ったりして演出する部分に重点が置かれている。それまでのゴジラでは政府とか自衛隊なんてこういっちゃなんだけど噛ませ犬みたいな存在でしかなく、まあ戦闘機とか戦車とかバンバン砲弾ぶっ放すけど、全然何もきかないよねっていうお約束事の演出みたいな存在でしかなった。

 

それが今回のゴジラは初めから最後まで官僚と議員の演出が途切れること無く続くという異様ともいえる作風を呈している。普通はクソつまらないであろう会議のシーンが冒頭からひたすら続くし、事あるごとに総理大臣に「総理、決めるのはあなたです」とか言って最後の決定権は総理大臣にある事を強調する。正直、普通の特撮映画を見に来た客はこんなシーンを期待してはこないだろ!と言いたくなるような場面がひたすら続く(でもこれが凄く面白いんだから、庵野監督の手腕は流石だなとしか言いようが無い)

 

”コミュ障”と”コミュ障を繋げるもの”

本作の主人公である矢口は内閣官房副長官だ。こいつがまた能力はあるくせに滅法空気が読めない。

 

初めから結論が決まりきっている会議で空気を全く読まずに自分の意見を口にしたり、その後も事あるごとに勝手に能力がある人間を集めてゴジラ対策委員を作って、勝手にゴジラ撲滅に執念を燃やしている。

 

おまけに人望があるからなのか、彼の下には彼以上に個性豊かな変人奇人が集まってきて、これまた糞真面目に仕事に没頭する。ゴジラ対策委員に集まったのは各省・最先端期間の変人・奇人だと映画でも言っていたが、ああいう人達は一般社会では普通はあまりいい扱いは受けない。

 

普通、こういう能力があるけど空気が全く読めない人間の意見は、”正しいかもしれないけど、ちょっと受け入れ難いから駄目だよね”みたいな感じの扱いを受けて、採用される事はない。いわゆるポリティカル・コレクトネスに反するっていうやつだ。元に矢口の意見を総理大臣を含む日本のTOPに位置する官僚がそのまま飲み込む場面はほとんどない。

 

この矢口の意見を絶妙に政治的に正しい日本語”に変換する奇才が上司である内閣総理大臣補佐官、赤坂だ。彼が総理大臣などの”普通の人””耳さわりが良い形””矢口の天才的な意見””翻訳”することで、総理大臣はそれまで”どちらかというと採用したくないなぁ~”と思うような矢口の意見を”まあ採用してもいいかな”と転がされる場面は実に痛快だ。

 

上司である赤坂のやってる事は実はメチャクチャ凄いことで、実は彼は矢口の意見を全ては採用していない。矢口の意見を100%理解したうえで、その上で「これは日本の為になる」と思った意見は「総理大臣が受け入れられるような日本語」に変換して伝えているのに対して、「これは微妙だから却下しよう」という意見は「総理大臣が受け入れられないであろう」日本語に変換して伝えている。

 

これはちょっと普通の人間にはできない(前者の代表例がゴジラ凍結作戦を総理大臣に受け入れさせるときにいった”総理、もうそろそろ自分の好きなことをしてもよいのではないですか?”であり、後者の代表例が幼少型ゴジラにミサイル攻撃を決定するか否かの意思決定を迫る場面で言う”総理、決めるのはあなたです”だ)

 

かくしてコミュ障はカタルシスを得る

僕らは普段の生活において、自分の意見がそのまま採用される事は比較的稀だ。

 

好きな人は自分の事をいつも好いてくれるわけではないし、自分が本当はやりたくない事を人にやらされるなんて事はしょっちゅうだ。

 

それがこのシンゴジラでは、主人公含むコミュ障集団が頑張った事は全て受け入れられて、おまけにそれが最高の形で実を結んでいる。”頑張ったからといって必ずしも報われるわけではない”のが現実だけど、この映画では”頑張りが全て報われる”

 

おまけに上司(赤坂)が自分の意をすべてくんでくれ、自分が本当に言いたかった事を最高の形で社長(総理大臣)に伝えてくれる。なにそれ最高じゃないか。

 

また最終的に意思決定する総理大臣が普通の人だというのも見事である。全くもって一見優秀ではない総理大臣が、最高の意思決定を決断しているというのがまた僕達にいいようもないカタルシスを与えてくれる。

 

当たり前だけど、僕たちはいつも最善の決断ができるわけではない。”あの時こうしていればよかった”、”こうしなければよかった”、そう思うことなんてしょっちゅうだろう。

 

それがこの映画ではそういう場面はほとんどない(まあ映画だから当たり前といえば当たり前だが)凡人が、影の主人公・赤坂の絶妙な日本語翻訳された意見で、最高の意思決定を決断できるという部分に感情移入できるのが、またこの映画がコミュ障にいいようもない快感を味わわせてくれる。”総理、もうそろそろ自分の好きなことをしてもよいのではないですか?”ってちょっと考えてみると意味が全くわからない。だけどこのセリフは言いようもなく僕達の心にストンと落ちる。これが本当に凄い(個人的にはこの映画の最高の場面だ)

 

と、いうわけでこの映画の本質は”本来はわかりあえない自分と他人の意見が100%通じあい、巨大な事を成し遂げる”という部分にあると僕は分析した。あれ?これってATフィールドやん!ほんと庵野さん、エヴァの頃からやりたいこと変わってないなぁ・・・

下層にいた人ほど身分には敏感になり、そして自分の子供が付き合う人間に真剣になる

日々徒然

前回に続き、差別と身分制度の話である。今度は子供という観点から読み解いていこうと思う。

 

ameblo.jp

 

かつての日本や欧米のように、生まれながらにして社会的階層がほぼ強固に固定されてはいない現在では、努力し望みさえすれば自分の社会的階層を上げることは可能だ。ただし、それができるのは現在の日本ではほとんど大学入学前段階までになる。

 

一度大人になってしまったら、よっぽどの事がない限り階層を変えることはできない。性格的にも能力的にも、人が変れるのは大学入学前だっていうのは、だいたいの人も認識しているだろう(それ以降の年齢から一念発起して変わる人もいるっちゃいるが、ごく限られた例外でしか無い)

 

じゃあ逆にいえば、それ以前の成人前段階においては、社会的階層は非常に緩やかなものとなっている。つまり、子供の社会的階層は非常にグラデーションがあり、どの階層に落ち着いても不思議ではない。

 

かのブログ主が「馬鹿とは付き合うな」と伝えたかったのは、自分の子供に対してなのかもしれない

「社会的階層に位置する馬鹿とは付き合ってはいけない。だってあいつら、中目黒すら漢字でかけないんだから」

 

該当記事ではこの言い回しがなかなか刺激的だ。この言葉が我々大人に向けられているのなら、これはちょっとさすがに無いなあという発言だが、これを小学校高学年ぐらいの人にむけて書かれたと考えるとほんの少しは理解できるものがある。

 

さっきもいったけど、日本では子供の階層には流動性がある。上層に生まれた子供も下層にいく可能性があるし、下層の子供も上層にいける可能性がある。

 

じゃあどうやって階層が決まるのだろうか?実は子供の階層決定に大きく影響するのは、付き合ってる子どもたちのグループがどの階層に位置するかである(興味ある人はハリスの子育ての大誤解を読むといい。まあ結論を簡単にいえば、朱に交われば赤くなるって事だ)

 

頭がよい社会的階層の高いグループと親和性がある子供は、基本的にはそのまま上の階層にいく事が多く、不真面目で勉強を嫌うイジメやチカラで上下関係を決めたがるような階層の人は、社会的下層に行くことが多い(もちろん例外もある)

 

かつて社会的下層に位置していたこのブログの執筆主は、誰よりもそのことについて敏感だ。基本的には身分制度に敏感になるのは下層の人達だ。そして下層から上層に這い上がる事が極めて困難なのに対して、上層から下層に落ちる事は極めて容易だという事もよくわかっている(このブログ主でいえば、今現在の配偶者に切り捨てられた時点で下層に真っ逆さまだろう)

 

このブログ主は、1つには自分が下層にいたことによる苦労を思い、子供に「馬鹿とは関わるな」という過激な発言をしているのかもしれない。その発言自体は褒められたものではないが、子を思う親としてそういう発想に至る気持ちはわからないでもない。

 

階層を移る方法は、自分で努力して這い上がるだけではない。 

あの発言が出てきた理由はもう一つ考えられる。それはこのブログ主自体がキチンとした保障がついた形で、下層からの脱却を確定したいという気持ちだ。

 

上のブログでかなり面白いのが、第一階層に配偶者という区分がある部分だ。日本社会の階層を考えるに当たって、これは非常に示唆的でもある。

 

実は階層を移る方法は、自分で這い上がるだけではない。ブログ主のように上層の配偶者を娶う方法に加えて、子供に上層に入り込んでもらう方法もある(この手の階層というものは、自分の心の中にある檻である事も多く、そういった時に自分と親しい誰かが別の階層にいるという事実は非常に心強いものとなる)

 

実はこのブログ主が上層にいると認識できる理由はたったひとつしか無い。そう、上層に位置する配偶者の存在だ。つまりそれがなくなったら、即またこのブログ主は下層の民に真っ逆さまとなる。

 

この上層と下層の極めて危うい領域にいるブログ主が「自分は上層にいる人間だ」という認識を強固にする為の方法は自分が上層に這い上がる以外には子供を使うしかない。自分で階層を行き来できないのならば、自分と繋がりのある自分の子供を使って上層に入り込むしかないのだ。

 

と、なると子供に「付き合う友達を選べ」とキツく念を押すのは当然の帰結となる。自分の子供が付き合う友達が、そのまま自分が所属する社会的階層にほぼ一致してくからだ。このブログ主は下層の子供の友達の親をみていると、かつての惨めな自分を思い出して胃がキリキリするんじゃないだろうか。

 

医学部にも親のコンプレックス克服の為に使われた子供がたくさんいる

子供を自分の階層移動の道具に使う人は結構多い。医学部にも注意深く観察していくと、そういう子供が結構いる事に気がつく。

 

父親がかつて医学部に入れず、その無念をはらすために子供の頃から英才教育をほどこされた子息。

 

母親が医者と結婚したかったもののできず、その無念をはらすために母親の代わりに医者と結婚させられた人の元に生まれた子女。

 

医学部にはこうした子供の末裔が結構いる(ちなみに著者もその子供の末裔である)

 

こういう風に親のために利用された子供が幸福になるか不幸になるかは正直難しい問題だ(僕は割と幸せだけど、これは結果的にうまくいったからに他ならない。失敗してたら随分と心を病んでいただろう)

 

このブログ主の思いもわからないでもないが、僕はこの人の子供のその後が結構心配だ。人生、うまくいくといいんだけど。

 

 

 

差別の問題は難しい

日々徒然

「この世には上層と下層という身分制度があります。下層のものとはかかわってはいけません。なぜならばその人達は馬鹿だからです」というような趣旨の事を書いたブログが炎上した。

 

ameblo.jp

 

個人的にこの議題が炎上するのは日本社会の現状を考える上で非常に有用なサンプルだと思うので、以下平等についての問題提起をしつつ書いていくことにする。

 

友達を選ぶ基準

あなたが日々付き合っている人達を思い浮かべて欲しい。何故その人と付き合っているのだろうか?たぶんほとんどの人はウマが合うとか、なんとなく気が合うといったふわっとしたワードで友達を選んでいると思う。

 

友人を選択した理由をもう少し突き詰めていくと、比較的性格が一致した教養・経済のレベルが似たような人となる。社会の上層にいけば行くほど、その間でなされる会話の教養レベルは比例して上昇していくし、遊びにいったり食事に行ったりするのに使うお金の金額も、比例して向上していく。

 

僕を含めて社会的にそこそこ上層にいる人達は、結局教養・経済のレベルが比較的近い人達で集まる事が多い。会話のキャッチボールも楽だし、相手の財布の懐具合を気にする必要もない。多少難解な事であれ喋りたい事を喋り、多少高いレストランだろうが食べたいものを食べる。相手に何の気を使うことなしに。

 

別に教養とか経済レベルが低い人達をわざわざ差別しているわけではないけども、結果として似たようなレベルの人達を選別してしまうのは事実だ。むこうもむこうで、こっち側の人間と遊ぶより、自分と親しい者たちと遊んだほうが全然楽しいだろう。

 

こうしてお互いの利益が一致しているという事もあり、社会の上の方の人達と下の人達は基本的にはあまり交わらない。これを肯定的な物言いでいえば「気が合う人を選んで」付き合っているとなるけど、否定的なものいいでいうと「馬鹿とは付き合わない」となる。

 

「馬鹿とは付き合うな」というワードは差別色が強いけど、「気が合う人と付き合う」というのも言い方がマイルドなだけでやってる事はなんの違いもない。

 

日本は表立って身分制度を出さない国なので、この手の差別ワードはとても問題になる。けど口に出さないだけでみんな大なり小なり人を差別している。そのことは忘れてはいけない。

 

欧米ではどうなっているか

この手の問題を考えるときにはかつての身分差別がまかり通っていた欧米諸国についての事例を考えるとわかりやすい。

 

例えば元・外交官の佐藤優さんのイギリス留学時の本がある。

 

紳士協定―私のイギリス物語―(新潮文庫)

紳士協定―私のイギリス物語―(新潮文庫)

 

 

この本の中で佐藤さんはとあるイギリスの家族の家にホームステイをするのだが、そこで非常に利発な少年と出会い、交友を深めていく。

 

このホームステイ先の家庭は中流階級に属するグループなのだけど、この少年は非常に知能が高く、望めばオックスフォード大学といった上層階級の住む場所へと移る事も可能であった。

 

少年は佐藤さんに「勉強して、大学にいった方がいいのだろうか」という悩みをぶつける。佐藤さんは「頭がよいのだから、是非進学して学問を習得するべきだ」と回答する。

 

実はこの少年の問は非常に深淵な問題を抱えている。

 

階級を一度超えると前の階級とは暮らせなくなる

はじめに書いたように、僕たちは付き合う人を選ぶ。基本的には自分に近い人を選んで、そういう人と暮らしていく。

 

中層~下層社会にいた人達が一度上層に入り込むと、基本的に前にいた環境の人とは生活がほとんど交わらなくなる。読む新聞が地方紙の人達と、フィナンシャル・タイムズとの人達との間で話が噛み合うはずがない。

 

この少年の問は、表面的には「勉強して社会的上層に入り込むべきだろうか」というものだが、深層的には「自分は上層に移って、今付き合っている家族や友人を捨て去るべきなのだろうか」という事を問うている。

 

身分差別が比較的広く認知されている社会では、上層・中層・下層がこの世にあることをあまり隠さない。それ故に、上層は下層にそれなりの保障を与えるし、下層も下層で身の程を知って生きる(ノブレス・オブリージュのような精神が発達するのは、自分が結果として上層にいるという事がありがたいことだと認識するからだ)

 

一方、日本は身分差別ある事を表立っては問わない。形の上ではみな平等だという。それ故に上層の人達は「機会はみんな平等だった。下層の人達は努力しなかっただけ」といい、あまり快く保障を行わない傾向にある(だから社会主義的な発想が比較的親和性が高いのだろう)

 

この「本来はある身分制度」を「ないもの」としているから、日本にはリベラルが根付かずどことなくリバタリアニズムの風潮が巻き起こるのだと個人的には思っている。

 

長くなったので今日はここでやめるけど、みなさんも差別とまではいわないまでも、社会の階層がはっきりと見える社会と見えない社会、どちらが果たしてよいのかについてはキチンと考えてみてもいいんじゃないですかね(次は気が向いたら子供の教育における階層制度の問題点について書きます)

介護問題を語る時は「自分がされて嫌な事は、人にするな」の原則で物事を考えましょう

日々徒然

今回の事件に合わせて介護問題について書いたら驚くほどネガティブなコメントがたくさんついた。まあ主語が「君たち臭いものに蓋をしてるけど、本当はメチャクチャ差別主義だからね」みたいな感じだから仕方がないといえば仕方がない。君は差別主義だねと言われて「そうですね」って黙って自認できる人はあまりいないだろうし。

 

差別について語る前に、平等を考える際の大原則について言っておこうと思う。平等の原則はすごく簡単だ。

 

「自分がされて嫌な事は、人にするな」

 

これ以上でも以下でもない。つまりあなたがされたくない事を、他人にいかなる理由であれ強要している時点で、あなたは暗に差別を行っている。「給与を貰ってるんだから文句をいうな」とか、そういうコメントをいう人は、全部自分が当事者になった時に甘んじで口を噤む事になる事実を受け入れてください。

 

まあ僕がどうこう言うよりも現場のコメントの方が胸に来るだろうからそれを下に貼るとして、コメントについて事についてキチンと答えていこうかと思う。

 

world-fusigi.net

 

1.介護の負担が大きいのは行政の責任だ系の事を言ってる人へ

おけーおけー。じゃあ行政が心を痛めて介護職への手当を充実させるようにしたとしましょう。で、お金は誰が出すの?前に民主党が政権を取った時に「埋蔵金があるはずだ」と意気込んで官邸に乗り込んでいったけど、そんなものはなかったですよね。

 

と、なると介護職の手当を充実させるためには、社会保障費をガンガン上げていかないといけない。今現在、日本の40%ぐらいの人達が年収300万程度なわけですが、この人達の給与から様々な税金を引いて偉られる手取りが大体月に20万ぐらいだ。

 

悲しいことに、今後高齢者の数は増え続けていく。今のレベルの介護を行いつつ、人員をさらに強化させていったとしたら、社会保障費はとてつもない勢いで上がり続けるだろう。本気で介護福祉職の人達の為に対策したら、年収300万の人達の手取りは10万以下になっても全くおかしくはない。

 

「それでも高齢者が安心して暮らせる社会が大切だ」という人、あなたはそうかもしれないけど、あなたの友人や隣人にそれを強要できますか?というか、日本の4割の国民は「今のレベルでの健康で文化的な社会生活」を営めなくなりますけど。あなたが行政に責任を求めれば求めるほど、日本国民の4割がそういう立場に追い込まれますけどそれでいいんですか?

 

今は介護福祉職の人達が声を殺して低賃金で重労働に甘んじてくれているからいいけど、あなた達がいうように行政に責任を押し付けたら行き着く先は超重税・福祉国家ですけどね。まあ前の記事でも言いましたけど、重度障害者とか後期高齢者が生み出す至高のウンコに価値を見出すって人はそれを自分で遂行すればいいじゃないですか。ポケモンGOじゃなくてウンコGOですかね。まあ僕はポケモンGOの方がいいけど。

 

2.仕事は選べる。介護福祉職についている人は自分でそれを選んでいるんだから、それを奴隷だというのは間違いだ、と言ってる人へ。

あーはいはい。そうですね。まあ仕事は選べると思いますよ。能力がある豊かな人達はね。これ、ブラック企業で務めている人に「嫌なら辞めて他の仕事探せよ」っていうのとおんなじで、言うは易し行うは難しの典型例なんですよね。

 

いやまあ実際問題、介護福祉の現場でメチャクチャやりがい感じている人はいるとは思いますよ。そういう人はほんと頑張って欲しいと思うし、尊敬します。まあ何をやりがいに思うかは人それぞれですし、僕の友だちにも「医者とか金もらっても絶対にやりたくないわ」って人もたくさんいますからね。

 

ただまあ現実問題、介護福祉関連の職は慢性的に人手不足なわけですよ。現在の行政の態度が継続するなら低賃金じゃないと機能しないし。低賃金ならほとんどの人には魅力がない職業だし。

 

福祉・介護業務に正当な賃金でやりがいを感じる人だけで介護を行おうとすれば、必然的に介護の受け入れ先ってメチャクチャ少なくなるんですよね。と、なると市場原理に則ってほとんどの介護福祉施設はメチャクチャ高額施設になるわけです。それっていわゆる贅沢品と何が違うの?

 

こういう現実をほとんどの国民は受け入れられません。となると、介護職は今の低賃金で回さざるをえないわけです。そうなると必然的に社会の上層に入り込めなかった人が流入せざるをえない構造になるんですよね。東証一部上場企業に務めている人が現在の待遇の介護職に「魅力を感じて」移るなんて事はほぼ皆無でしょう。介護の人が東証一部上場企業に「魅力を感じて」移りたいと思う事はあると思うけど。

 

「金もらって仕事してるんだから感謝しろよ」みたいな事を言ってる人もいましたけど、じゃああなた達はお金貰って仕事になれば、そういう扱いを甘んじて受け入れるのですかね。じゃあ今すぐ今の仕事を辞めて、介護へGOすりゃいいじゃないですか。今すぐウンコGOがプレイできますよ。ポケモンGOなんてやってる暇じゃねえ。

 

ちなみに介護を発展途上国の外国人にやらせればいいいって人も、それそのまますなわち人種差別の奴隷制を認めている事になりますからね。日本人がやりたくない事を、発展途上国の外国人ならやってもいいって、それ明確な人種差別ですからね。

 

まあ偉そうに色々書いてきましたけど、じゃあお前はどうしたいんだって人もいるでしょう。まあここまでで既にだいぶ長くなったので、また別の記事に僕の介護についての考えはまとめて書こうとは思いますけど、大雑把な事は前に記事に書いたんでそれを読んでください。

 

端的にいえば、現状ではウンコ醸造所に価値を見出す人は、メチャクチャ働いてウンコ醸造所にお金を出せばよし。出したくないのならば、姥捨て山を復活させろって話になりますかね。もう少しテクノロジーが進歩したら、介護は映画・マトリックスの世界に突入すると思います(僕らが後期高齢者になる頃には、そういう未来が到来していると思います)

 

ここまでくれば、安楽死もキチンと議論されるようになるでしょう。それまで私達一人一人が、社会的下層の人々に介護の責任を押し付けている事を深く恥じて生きていきましょう。臭いものに蓋をして、ドヤ顔で自由とか平等を語るような偽善者だけにはならないようにしましょう。

 

甘えるな。

 

takasuka-toki.hatenablog.com

重度障害者や認知症の世話を他人になすりつけてる人は、自分が差別主義者だという事を自認しているのだろうか

日々徒然

今朝起きたら、なかなか衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 

www3.nhk.or.jp

 

犯行者は「障害者がいなくなればいいと思った」と行って犯行におよんだという。これは実に含蓄深い行動理念だと僕は思う。

 

平等をドヤ顔で語る人はその裏で働く奴隷の顔を思い浮かべているのか

現代社会は昔と比べて余裕がある。それ故に、昔だったら生きてはいけなかった人達も比較的少ないコストで豊かな生活を享受できるようになっている。そうして発達した現代では、身体・知的障がい者認知症を患った高齢者が介護福祉施設で養われるようになった。

 

これ自体はよい事だと思う。社会的弱者という存在をどこまで救うかというセーフティネットが機能しているという事は、それすなわち国民の生活が基本的には保証されているという事とほぼ同義だからだ。

 

この手の平等を語る人達がよくいう言説として以下の様なものがある。

 

「障害者や介護が必要となる人達を切り捨てろという人がいるけども、このような事をいう人達はその言説が自分に向く事を考えた事があるのだろうか?人を弱さで選別するような人は、自分にその刃が向く可能性を考えるべきだ」

 

基本的には僕もこの言説には同意する。弱きものを助けられるのならば、助けるに越したことはない。

 

けどこのような事をいう人達は、その弱き者を助けている現場の人達の現状をキチンと理解しているのだろうか?

 

低賃金・劣悪環境で働く人達

今回、事件を起こした人の労働環境は時給900円だったという。これはマックやコンビニ以下の時給である。

 

 

介護福祉関係の施設で一度でも働いた事がある人ならわかると思うが、あれはお世辞にも楽しいものではない。ボケて感情が駄々漏れになった気性の激しい老人や知的障害者のトイレだとか食事だとか入浴の世話をして、楽しいと思えるような人はごくごく少数だろう。

 

もちろんそういう事にやりがいをいる人がいるのは事実だと思う。そういう人は、そういう事に真摯に取り組めばいいとは思う。その事に異論はない。だけどその重労働を、やりたくない人に押し付けるのはどうかと思う。

 

現代においてこの手の福祉施設で働く人は、学歴社会というレールに上手く乗れなかった人の行き着く先になっている。キチンと勉強して、高学歴ルートに乗って、大企業に勤務できた人は「頑張ったのだから」正規職員として豊かで楽しい労働環境を手にする事ができる。

 

その一方、勉強もせずに怠けていた人達は「頑張らなかったのだから」自分の職に文句をいう資格はなく、どんな汚れ仕事ですら低賃金で請け負う責任がある。現代はこれが暗に許される土壌にある。

 

これは自己責任論をたてに「やりたくないことを低賃金で他人に押し付ける事を正当化した現代の穢多非人制度」にしか僕にはみえない。人権というものがあるのならば「やりたくない事はやらない自由」もあるはずだ。だけど現代社会は自己責任論という劣悪な正義でこの義務を自分以外の誰かに押し付けている。

 

介護をやって欲しい人達は美容整形と同じぐらいのお金を払いなさい

もういい加減、介護・福祉は贅沢品だという認識をキチンとみんなが持つべきだと思う。

 

例えば僕の業界ならば、美容形成という業界がある。まぶたを二重にするだとか、脂肪吸引をするだとか、はたまたお顔をいじるだとか、まあいろいろある。これらは「自分の満足の為にお金を払う」という認識をみんなが持っているから、医療保険の対象にはならないし、また受診する人は自己責任を元に喜んでお金を払っている。

 

それが介護になると、命の平等はみんながドヤ顔で語るくせに誰がそのコストを支払うかを誰もが黙殺する。当たり前だけど、重度障害者や強烈な認知症のある人に付き合う為には多大なるストレスと激しい肉体労働が必要だ。

 

「介護を切り捨てるような人は、その刃が自分にむく事を考えた事があるのだろうか」というリベラリズムを語る人は、「介護を容認する覚悟があるのならば、自分が介護する側を死ぬまでやる覚悟があるのだろうか」という当たり前の疑問を何故もたないのだろうか?僕はこの手の「正義」を語る人は、自分が介護をする側に回る事を考えたことがないとしか思えない。

 

もういい加減、介護も福祉も美容形成と同じく「贅沢品だ」という認識を持つようにしませんか?やりたい人は、お金を払ってやってください。障害者も高齢者もウンコぐらいしか製造できないけど、まあお金を払ってまでそれらが生み出すウンコに価値を見出すってのなら、僕は何も否定しません。そういう人は、自分の人生のほとんどの時間を費やして、各々好き勝手にやればいい。

 

低賃金で劣悪な環境で働く人達の事を見て見ぬふりをして自由や平等を語るな。正義や平等をたてに低賃金劣悪労働者の存在を許容する奴は全員が全員、差別主義者を自称するべきだ。

 

自分がやりたくない事を、正義や平等をたてにして他人にやらせるな。

冗談抜きにポケモンGOは日本に残された最後の希望かもしれない

日々徒然

任天堂の株価がポケモンGOの影響で爆発的に上がった。Brexitの頃は13000円くらいだったのが、今や21000円もする。買っときゃよかった。

 

とある筋によれば、ポケモンGOのアクティブユーザー数は既にTwitterのユーザー数にも匹敵するぐらいという事である。これははっきり行って尋常じゃない数だ。

 

f:id:kounotori0305:20160713214529p:plain

 

ポケモンGOがどういうゲームか簡単に言えば、スマホを持ってリアルに外に外出し、スマホのカメラを通じて現れるポケモンをGetするというゲームだ。ゲームらしく全てがゲームの中で完結するのではなく、現実とのリンクがあるという点が既存のスマホゲーと比較して面白いポイントだろう(このシステムはIngressというゲームで既に導入されており、今回のポケモンGOの開発にはIngressのスタッフも関わっているという)

 

そしてこの事を聞いてから、ポケモンGOの持つ恐ろしい潜在能力に気がついてしまった。ポケモンGOが本気を出せば、日本経済はマジに好転するかもしれない。

 

人は希少品の収集癖が大好きだ。男ならかつてカードゲームでキラキラしたレアカードを誇らしげに友達に自慢した事が一度や二度はあっただろう。

 

ポケモンGOポケモンは現実の空間内に生息している。どういうシステムを採用しているかはプレイしていないのでよくわからないけども、レアポケモンを特定の場所に置く事はシステム上そんなに難しいことじゃないだろう。

 

例えば富士山に伝説のポケモンを置いたりすれば、本来とは違った意図ではあるが富士山観光をする人は結構出てくるんじゃないだろうか。富士山に登って手に入れたレアポケモンで友達に自慢できる事を考えれば、馬鹿にならないインセンティブだろう。

 

僕は初め、このように日本の観光業の活性化ぐらいの利用価値しか思いつかなかったのだが、これを海外ユーザーにまで拡張したらとてつもない事が起きる可能性に気がついて心底震えた。レアポケモンをダシにして、海外から莫大な観光客を呼び寄せられる可能性があるじゃないか。Twitterのアクティブユーザー数にも匹敵するほどもの観光客を、だ。

 

軽いものならば日本の国旗が書かれたTシャツを着たピカチュウが日本にくればそこら辺で手に入るとかでもいいし、屋久島とかちょっとアレな場所にまででかけてくれるような人には神秘的な伝説のポケモンが手に入るようにしてもいい。僕もレア物収集が大好きだからよくわかるのだけど、たぶんこれは絶対にマニア心にウケる。ポケモンはもともと日本発のゲームなんだから、ほんのすこしぐらい日本に特別風味をつけたってバチは当たらないだろう。

 

とにかく観光庁は真剣にポケモンGOの生み出す可能性について真剣に検討し、任天堂と戦略を綿密に組み立てる必要があるだろう。大企業が一夜にして株価が二倍近くにもなるだなんて普通じゃない。世界はポケモンGOに大変期待している。その期待を裏切ってはいけない。

 

たかがゲームとバカにすることなかれ。この好機、逃しちゃ駄目だぜ。

 

参考文献