読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

孤独に打ちしひ枯れている全ての人へ

新年があけた。去年はいろいろあったとは思うけど、みなさまも気分を一新して各々自己啓発に努めて欲しい。さて新年一発目のブログだし、為になりそうな話をしようかと思う。テーマは友達の作り方にでもしようか。

 

なんとなくだけど、このブログを読んでいる人に結構多いんじゃないかと思うタイプの人達として、忘年会にも呼ばれず年末年始を1人で過ごした人だとか、年賀状なんて一枚もこない人なんかが結構多いんじゃないかと思っている。まあ僕がそういう人間だったから、きっと君もそんな感じだろう。

 

僕も今年で31になるのだけど、今までの人生を振り返ってみると大学卒業まではそれはもう孤独にまみれた人生だった。友達はいない。だから趣味は共有できない。まわりの人間はつまらない。まあそういう独りよがりな人生だった。

 

僭越ながら同種のタイプの人間を代表させてもらい一言わせてもらうと、まあ君たちのようなタイプの人間はしばらくずっと孤独である。30年ぐらい孤独やってきた人間がいんだからまず間違いはない。っていうかある日突然友達ができて、身の回りの人達から慕われるような事なんてあるはずがないに決まってるじゃないか。それって今までの人生と180度も方向性が違うんだから。

 

そんな孤独にまみれた君達に出来ることはたった一つだけだ。もっともっと孤独をこじらせて、文章なり絵なりなんでもいいから、それに姿かたちを惑わせて世界に発表しつづける。それをもうひたすらエベレストに登頂するような絶望的に終わりない旅に挑むような気持ちでやってって欲しい。

 

はっきりいうけど、この旅の終わりは初めた頃は全然みえない。「いつ終わるんですか」って聞かれても「そんな事聞いてるようじゃまだ終わらんよ」としかいいようがない。君はふざけるなと憤るかもしれないけど、まあ世の中なんてそんなもんである。っていうかそんなに簡単に孤独に勝てると思うなよ?孤独、くっそ強えーから。

 

けどそれを延々と続けていくと、180度が179度になって、179度が178度になって、ある日突然角度がカコーンと変わるときがくる。気がつくと君の周りにはびっくりするぐらい友達がいる。ひょっとしたら人生の伴侶もいるかもしれない。

 

君はいうだろう「一体何が起きたんだ!?」ってね。

 

僕はいう「おめでとう。それが始まりだよ」とね。

 

あけましておめでとうございます。今年は是非とも雨垂れ石を穿つような1年でありますよう、心より同士をお慕い申し上げます。

 

高須賀 拝