読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

バターコーヒー生活 総括

日々徒然 バターコーヒー

 バターコーヒー生活が一ヶ月を超えたので、〆のレポートをします。バターコーヒー?なんのこっちゃ?という人は下の記事をどうぞ

takasuka-toki.hatenablog.com

 

 

よかった点

まず朝~昼、昼飯後~昼下がりにかけての何とも言えないダルさと完全に決別ができたのが最大の利点。

 

それまで朝は眠気眼をこすり、昼飯後はウトウトし、それらの眠気に打ち勝つ事に日常生活でのエネルギーの7割ぐらいを使っていたので、これから開放された現在は非常に生きるのが楽

 

ちょっと前まで一日珈琲を7杯ぐらいは飲まないと目を開けることすらままならなかった重度のカフェインジャンキーが、今ではコーヒーは朝の一杯だけで十分になったんですから、ほんと感謝以外の何物でもありませんね。

 

肝心の体重だけど、一応標準体重をキープ。それ以上は上がりもせず下がりもせずって感じですかね。週末は好きなモノを好きなだけ食べてる中途半端な導入例でもそれぐらいの恩恵はありますよって感じです。

 

悪かった点

んーぶっちゃけあんまし思いつかない。スタートした当時はバターコーヒーを作るために30分程度早起きしなくてはいけないのがほんの少しだけ辛かったけど、今は睡眠の質が上がったからか特にそれで不利益は被ってません(むしろ睡眠時間減ったのに、日常生活でのお目々パッチリ具合は当社比200%以上です)

 

ちなみにバターコーヒー作成時間ですけど、慣れれば10分位でしょうか。初めは慣れないから少し時間かかりますけど、慣れたらお湯沸かしている間に歯を磨いたりできるようになるので、片手間で作れるようになります。

 

バターコーヒー制作費も一杯300円程度ですし、まあコンビニで適当に朝飯買ってきている人と比べたらそう変わらないんじゃないですかね。

 

総じてどんな人にオススメ?

もう言うまでもなく、朝から夕方まで眠気と格闘している人。これらの人々は日中のクオリティーが激上がりするから、一刻も早くの導入をオススメする。

 

人付き合いの関係で昼飯抜きができないって人も、少なくとも起床後~ランチまでの間の意識の覚醒度合いが段違いなので、とりあえず試してみてはいかがでしょうか?僕は最近になって時々平日もランチを食べるようになりましたが、体が慣れてきたのか昼ごはんを食べてもあまり眠気がでなくなってきました。ひょっとしたら昼飯を毎日食べる人にも効果はあるのかもしれません。

 

電動式豆挽きが高くて・・・という人は、取りあえず予め挽かれたコーヒー豆を買ってみてスタートしてみればいいんじゃないでしょうか?それなら初期投資1万円未満でいけますし(間違っても手動の豆挽きは買わないが吉。あと買うなら買うで、僕が推奨したデロンギのが断然オススメ。安いのと掃除の手間が全然違う)

 

まあ総じて言えばバターコーヒー生活、悪く無いっすよ。

 

 

 

あ、そうそう忘れてた。一個あったわ悪い点。

 

 

ブログのタイトルが嘘になったやん(´・ω・`)

 

コーヒー、ごくごく飲まなくなっちゃった・・・