読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

風水やスピリチュアル、占いにある種の人々がハマるのは何故か

日々徒然

俺バカだからさー、難しいことはよくわかんねえんだよね。

 

こういう事をいう人は凄く多い。だけどみんないろいろ考えるのは大好きなのである。今日はその話をしようと思う。

 

頭を使うのは楽しい

昔、ニンテンドDSのゲームで川島隆太脳を鍛える大人のDSトレーニングというソフトがメチャクチャ流行った。

 

このゲームの面白いところは、普段ゲームをしない層を多数流入させたところだ。多くの場合、始めたキッカケは頭がよくなりそうだとか、その手の不順な動機が元となっている事が予測されるけど、それだけではあそこまで大ヒットしない。

 

不順な動機から始まるダイエットが持続しないように、そもそも面白くない活動は人目を引きこそすれ、続くなんて事は殆ど無い。少なくとも結構な数のプレイヤーがあれに熱中したのである。何故だろうか?

 

それは頭をつかうのは楽しい、というただ1点のみにある。難しい概念を習得するために机に座るのは凄く辛い作業だけど、論理的に頭を使うという行為は、それ自体がかなり楽しい行為なのである。

 

風水やスピリチュアル、占いは楽しい脳トレ

例えば風水という仕組みがある。家の方角を意識して、どこどこの方向に植物をおき、どこどこの方向に頭をむけて寝る。このように物事の位置で運気を判断するだなんて、冷静に考えれば馬鹿げているのだけど、これだって昔の人が様々な出来ことから帰納的に推測して”論理的に”考えだした成果である。

 

昔だったらまだしも、科学技術が発達した現代でも風水は一部の人を熱狂的にさせる。僕は昔、あれに熱狂的になる人の気持が一ミリもわからなかった。けど今は凄くよくわかる。端的に言えば、あの人達は脳味噌をフル回転させて論理的に物事を考えて、風水というゲーム内でのルールを完遂する事で脳内麻薬をドバドバ放出させているのだ。

 

あれらの原理は誰にでも理解できる。少なくとも物理学や数学、英文法といった仕組みに比べれば、非常に理解しやすい。そこに記載されている内容は基本的には実生活に基づいたものだし、いい悪いの基準が非常に明確だ。

 

人が何かを考えるとき、基本的には何かの規範が必要だ。実生活だったらそれまでに築き上げてきた”常識”を元に物事のよし悪しを判断する。僕もこれまで学んできた西洋医学という”システム”を用いて人の体を判断する。

 

このように何かの規則を使って”論理的に”物事を考えるのは凄く楽しい。経済学者はそれまでに築き上げてきた経済学を用いて、日々喧々諤々の罵り合いをしている。物理学者はこれまでに築き上げてきた物理学を用いて、新しい発想を構築したりする。

 

頭のいい連中がなんでそんな事を年がら年中やってるかというと、あれはもう凄く楽しいのだ。システムを用いて論理的に物事を考えるという行為は、脳から麻薬を底なしに出す一つの陶酔行為なのである。

 

そんな楽しい行為に、難しいシステムを理解する事なしに参入する為にはどうすればいいだろう?もうわかっただろう。それが風水とかスピリチュアルとか占いなのである。

 

あれらは端的に言い切ってしまえば、それまでに学校教育とかその他の場所で、考えるのに必要な仕組”を身につけてこなかった人の為に用意された”論理的に考えるためのシステム”なのである。

 

ルールを守ることは楽しい。

ゲームは制約があるから楽しい。マリオは敵に当たったら死ぬからこそ面白いのであり、ポケモンは6匹しか持ち歩けないから、色々な相手を考えた上での最強パーティを組むのである。

 

風水とかスピリチュアルとか新興宗教には”良い”とされている行為に加えて、”してはいけない”ルールがいくつかある。北枕やら悪口を言うと悪運を引き寄せるだとかがそれだ。こいういう制限がシステムに加わると、物事はグッと面白くなる。

 

”考えるためのシステム”と”してはいけない制限”を用いて、世界を読み解き論理的に思考し、同じルールを共有するものの中での優劣を競うのはもうメチャクチャに楽しい。というか3大欲求以外で人間がハマってるものなんてほぼ無いと言い切ってもいいぐらいだ。

 

頭を使うのはエリートだけの特権ではない。誰にだって、頭を使う権利はある。そのツールとしてあれらの三要素は大変優秀なのである。

結論

別に僕は風水とかスピリチュアルとか占いが悪いものだとは思わない。このブログだって、論理的に色々考えたものを文字に書きおこして1人で面白がってる自己陶酔行為といえばそれまでだ。

 

ただこれらに似た行為を愛好している人は心にとどめておいて欲しい事が一つだけある。あなた、誰かに騙されていませんか?

 

風水もスピリチュアルも占いも、各人が楽しんでやる分にはどうぞご自由にである。それらにお金を使うのだって、常識範囲で楽しめる分には全然ありだろう。

 

問題はこれらの三要素が悪質な詐欺行為との親和性が非常に高いことである。これらを愛好する人達は常にそのリスクに目を向けて欲しい。

 

世界には沢山のシステムがある。哲学、神学、歴史学、数学、言語学。数え上げればキリがない。あるシステムでは素晴らしいと言われている事でも、他のシステムから分析すれば、ただのエラーである。

 

世の中には様々な視点がある。ある一つの教義のみにそって世界を読み解く行為は、とても危険だ。自分の中に寛容性を持って欲しい。変なルールと制限でがんじがらめになって、あなたとあなたの周りの人々を不幸にするのはNGだ。

 

頭を使いすぎるのもほどほどにね!である。