読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲をゴクゴク呑むように

アツアツだよ(´・ω・`)

あなたがアフィリエイトを嫌うたった1つの理由~お金で幸せは買えるのか?~

お金で幸せは買えるのか

これは様々な所であーでもないこーでもないと言われている事ですが、最近の研究結果を見てみるとその社会における平均的文化的生活をおくれるレベルまでの年収までは上昇すればするほど幸せ度がグングンあがるそうですが、それ以降となると年収はそのまま幸福には直結しないそうです。

では金持ちでも幸福そうなのと不幸せそうなのがいるのはどこから来ているのでしょうか。

こちらの記事→Does income cause happinessを見てみると、Rich or poor, it’s always nice to have money; especially more than othersと言っています。簡単に訳せばお金はあった方がいい、隣の奴より多く稼げれば言うまでもないって所でしょうか。

これは人の幸福感は、他人との比較、つまり特定の集団内における相対的な所得水準の序列によって決められているという事を示しています。

例を上げれば簡単な話で、例えばあなたが仮に年収1億年貰ってたとしても隣の机に座っている全く同じ仕事をしている同僚達が10億円貰っていれば貴方はかなりの不満を抱くことでしょうが、逆に貴方が600万しか貰ってなくても隣の人が300万しか稼いでなかったら随分と幸福になるわけです。

これは年収がそのままその人の評価基準として使われている、という認識から生じるものでしょう。つまりみんな隣人よりほんの少しでも勝っていれば超幸福、って事なんでしょう。

この記事を読んでいて僕は「ああ、みんながアフィリエイトを嫌うのは多分これが原因なんだな」と思いました。

現実世界では言うまでもなく職業や年収、学歴、会社内での身分などで僕らは暗に本当の平等というものは存在しえないという事実を叩きつけられています。しかし仮想上の空間であるインターネットでは自分の年収や職業などは言わない限りバレないため、ネットでは万人が平等、という素晴らしい共通認識が皆の心の中にあります。まあ簡単にいえばみんなが何もしない限りネット民の年収は全員同じゼロ、つまり評価も身分も同じ。というわけです。そこに評価軸が存在しなければ僕達はつかの間の平等を心の奥底から楽しむことができます。図で示せばこんな感じです。

アフィ厨Aの戦闘力→→→☆☆☆☆ 

ネトウヨAの戦闘力→→→☆☆☆☆

それがアフィ厨Aが頑張り始めちゃったら大変!!今までネット社会には存在していなかったお金という評価軸が導入されてしましました!せっかくネット上での君と僕の立場は対等だったのに差をつけられてしまう。てめー何抜け駆けしようとしてんだよ。殺すお!!!!となるわけです。図で示せばこんな感じです。

アフィ厨Aの戦闘力→→→☆☆☆☆★

ネトウヨAの戦闘力→→→☆☆☆☆

僕らはそれはもう、巧妙にみんなで記事の読者と執筆者の平等という立場を守ろうとまるでトラップを避けるかのごとくアフィを踏まないで記事をみんなで楽しもうとしがちなんですけど、恐らくそれはこれが原因なんでしょうね。

つい先日もtwitter上でフォロワー数が多い方が偉い発言をした瞬間大炎上がおきたわけですが、あれも恐らくネット上では誰もが平等という幻想を壊しにかかってきたのに皆が過剰反応を示したからでしょう。「ふざけんな。ネット上では皆が平等なんだ!変な身分評価軸を持ち込むんじゃねえ!」って所でしょうか。

まああれに反応しちゃっている人は個人的には心の奥底で実はネット社会での平等なんて幻想なんだって気がついちゃってる人なんだろうな、と思うんですけどね。だって実際、全然平等じゃあないじゃん。臭いものにフタをして皆見えないようにしてるけど。

そんなわけですから、いかに声を荒らげて「アフィをいくらやろうが君達がお金を払うわけじゃない。あのお金はアマゾンから来てるんだから別にいいじゃん。」とか正論をはこうがそりゃ誰の心にも届かないわけです。

僕らは自分より誰かが上に評価されるのが死ぬほど嫌いですから。

まあしょうがないですね。

 

あ、そうそう。大切な事をいい忘れてました。この間面白い本見つけたんですよ。


Product Image 

マイクロソフトの新入社員は全員読んでいるらしいですよ。

てへぺろ(・ω<)

(この記事は@takasuka_tokiが書きました)